かっこいい車

車好きなら誰もが知ってた大黒PAの今

赤い車

大黒パーキングエリアは大黒線と首都高速湾岸線が合流するジャンクションの中にあります。首都高最大のパーキングエリアであり、駐車場も広く、東京、横浜どちらからも利用しやすいため待ち合わせによく使われます。また、夜景のデートスポットだったり、走り屋や暴走族のたまり場だったりで1990年代にはニュースでもよく取り上げられました。その現在を紹介します。
■夜景スポットとしての今
以前は展望テラスから間近に見る横浜ベイブリッジが奇麗でしたが現在は建物が視界を塞ぎまったく見えなくなってしまいました。さらに、かつて営業していた横浜スカイウォークも閉鎖されました。
■車好きが集まるスポットとしての今
カスタムカーやチューニングカー、さらに暴走族が集まることでも有名でした。現在は段差などをつくることにより、違法ローダウン車の侵入を防いでいます。また、週末の夜には近隣の防音対策のため、走り屋などが集まってくると神奈川県警の判断で閉鎖されます。情報は首都高の表示板などで確認することができます。
■商業施設の今
食事や売店の他、輸入生活雑貨店もあります。ベイサイドテラス二番館が2013年春にリニューアルされ、首都高最大のパーキングの名に恥じない充実ぶりです。
大黒パーキングエリアは本来の目的であるドライバーの休憩する場所として、管理会社と県警が協力し変化し続けています。

注目の記事

TOP